有馬記念(1999)、グラスワンダーV.S.スペシャルウィークの戦いを振り返ってみる

▼※有馬記念を的中できる自信がある人はクリック禁止※▼

の1着~3着の予想 【無料】

対象的な2頭による対決

グラスワンダースペシャルウィークは同世代でありながら、その歩みはまるで違います。

グラスワンダーは朝日杯3歳ステークスを勝利したものの、ケガに泣かされクラシック戦線全てを棒に振りました。一方、スペシャルウィークは日本ダービーを制覇し、武豊にダービージョッキーとしての称号を与えることになります。グラスワンダーは有馬記念こそ勝ち、意地を見せつけましたが、スペシャルウィークの陰にどうしても隠れてしまっていました。同じような距離でG1を勝っているのに、なかなか直接対決の舞台が巡ってきませんでしたが、初めての直接対決は宝塚記念、グラスワンダーが4コーナーで抜け出し、完勝。以後、また直接対決の舞台は巡ってこず、スペシャルウィークが天皇賞とジャパンカップを制し、古馬三冠を賭け、このレースが引退レースとなった99年の有馬記念を迎えます。

この年はG1で2着4回のステイゴールド、クラシック戦線で第一線にいたテイエムオペラオーナリタトップロード、そして古馬戦線で活躍していたツルマルツヨシメジロブライトなど豪華メンバーがズラリと揃いました。

レースはゴーイングスズカが逃げ、ナリタトップロードが追いかける展開で、グラスワンダーとスペシャルウィークが後方に控える形となり、前の馬が手ごたえが怪しくなると両馬は進出を開始し、ポジションを一気に上げて直線に向かいます。前目にいたテイエムオペラオー、ツルマルツヨシが内にいるところをグラスワンダーがわずかに交わし、大外からスペシャルウィークが追い込みをかけ、マッチレースとなり、鼻づらを合わせたところがゴール板でした。武豊はガッツポーズをして引き上げてきましたが、無情にもわずか8センチ、グラスワンダーが先に出ていました。直接対決はグラスワンダーの2戦2勝で幕を閉じました。

グラスワンダー,スペシャルウィーク

あれから15年以上もたつ現在でもこの2頭による戦いは度々取り上げられます。この日の激闘は、スペシャルウィークの白井寿昭調教師が「勝ちに等しい2着じゃないですか。負けたけど、名勝負だったと思います」とコメントした通り、「勝ち負けを超えた名勝負」として有馬記念の歴史に深く刻まれている。

3連単の買い目を無料で配信中

▼※有馬記念を的中できる自信がある人はクリック禁止※▼

の1着~3着の予想【無料】

2015年有馬記念3連単的中させた無料予想!
20151227

⑦ゴールドアクター
⑨サウンズオブアース
⑪キタサンブラック
3連単配当¥125,870

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。